渋谷にもバーチャルオフィスはあるのです

渋谷といえば東京のみならず日本人の誰もが知る最も有名なエリアと言えるでしょう。ここには日本や世界から数多くの人々が集まり、ショッピングに観光に業務に勤しんでいるわけですが、これに伴ってこの地にオフィスを構える業者も多く存在しています。中にはこの地名だけでもかなりのステイタスを表すことから、職場探し、あるいは会社の移転先などを考える上でまずこの地を候補に挙げたという人もいるほど。しかしその知名度の分だけ賃料はとても高く、中小企業がテナントなどを借り受けるにはハードルが高すぎるという実態があります。しかしこんな時でもバーチャルオフィスであれば、とても手頃な毎月の費用にてこの地の住所だけを借り受けることが可能になります。これらはいったいどのような仕組みで運営されており、利用者や企業に対してどのようなメリットをもたらしてくれるものなのでしょうか。

文化の中心地なので特定の業者間では一種のステータスになる

そもそも渋谷で駅前や繁華街の内部に位置する物件を賃貸契約すると、高いもので数百万にも及ぶケースも少なくありません。これは地名がもたらす一つのステータスを象徴するものとも言えますし、またその分だけ様々な店舗や企業、交通手段との距離も近くて利便性が高いということにも繋がります。ただし中にはその地名だけ借りることができればあとは自宅で仕事することもできる人も多いはず。そんな場合にバーチャルオフィスは最適で、現に数多くのサービスが展開しています。これらのサービスでは企業が入所するだけのスペースなどはなくても営業できるため、例えば起業の際の登記で住所が必要な時にこの地名を利用したいというニーズだけでも満たすことが可能です。業者によってはやはり東京の中でも最も人気のある地名と言えるでしょう。

会議室の提供や郵送物の転送サービスなども活用すると便利

渋谷にオフィスを構えるといってもバーチャルオフィスの場合には実際のスペースは存在しないので、あくまで住所を借りるというケースが一般的です。しかし中には業者間の打ち合わせやミーティングなどで実際に人と会わなければならないこともあるでしょう。そんな時にはバーチャルとはいえ会議用の部屋が用意されてある場合もあるのでそれらを活用して、訪ねてきた来客をもてなすこともできるでしょう。さらに会社宛に郵送物や宅配便などが届いた際には、そちらで一時保管しておいてくれたり、あるいはサービス内容によっては現住所に転送してくれる場合もあります。電話などに関してもかかってきたものを代行にて処理してくれるケースもありますので、活用してみるのも一つの手と言えるでしょう。これらのサービスを使いこなすことで東京の真ん中で活躍する自分を演出するのも、業界で生き残っていく中で大切なことと言えるのです。